幅広栃厚板

2017.2.23

一枚板、栃の木です。ほぼ全面と言って良い白太です。
白木の中わずかに出ている赤味に、縁起の良い動物が浮かんでいます。
此れだけの大きな一枚板は、最近出てきません。是非お勧めします。

afterfocus_1487824546759

IMG_1678

IMG_1679

木風堂のベストセラー商品

2017.2.16

いろんな樹種のつみ木
いろいろな木がある事を知ってもらえたら・・・
という事で作りました。
手鉋で仕上げており、塗装はしていません。
子供たちがゲーム感覚で木の名前を覚えたらいいなと、一緒に樹種一覧表が入れてあります。
積み木に番号が刻印してあり、その番号を一覧表でみると樹種名が分かります。
お子さんが使わなくなっても飾っておけると喜ばれております。

IMG_0704

 

ひとつ、ひとつ手作業で刻印しています。

IMG_0703

いろんな樹種のつみ木 16,200円(税込)
ご希望の方には箱書も承ります。別途3,000円(税込)数日かかります。
製作:柴工房

柴工房のページはこちらより

何を製作しているのでしょうか?~答え~

2017.2.9

前回紹介した部材のホゾを組むと

IMG_0709

 

こうなります。
横に貫が2本入り丈夫です。

IMG_0715

 

そして、クサビを打って

IMG_0710

 

脚が固定されました。
ホウの杢がとても、きれいな

IMG_0716

 

軽くて、丈夫なベンチの完成です。
IMG_0721

全部で5台できました。

天板材:ホウ 脚材:ミズメ 、ナラ
サイズ:約 長970~1112×幅200×高420
1台20,000円
製作:柴工房

何を製作しているのでしょうか?~その2~

2017.2.2

前回の続きです。
ホゾ組の相手はこの板です。
後は組み立てれば、完成です。

IMG_0706

IMG_0707

答えは、完成したら製作事例にて・・・

何を制作しているのでしょうか?

2017.1.27

さてさて、このほぞ組から何が出来るか想像してみて下さい。
ポイントは斜めにカットしています。

 

IMG_1609

IMG_1610

答えは、完成したら製作事例にて・・・

~厳選素材~ 木型屋さんの作業台

2017.1.26

昨年末、永年続いた木型屋さんが閉める事になり、木の素材の引取り依頼がありました。
今回、その中からこれは!と思う物を厳選し木の好きな方に活用して頂こうと考え、厳選素材コーナーを開設致しました。お問合わせ、現物確認の上、ぜひお求めください。
約30年以上、使い込んだ味わいが魅力です。

keyaki1-1

keyaki2-2

keyaki1-3

①ケヤキ 975×260×65  3,000円  重さ:普通

 

keyaki2-1

keyaki2-2

keyaki2-3

②ケヤキ 1020×270×135  5,000円  重さ:重い

 

kaba3-1

kaba3-2

kaba3-3

③カバ? 965×290×95  3,500円  重さ:重い

 

 

kaba4-1

kaba4-2

kaba4-3

④オノオレカンバ? 1000×345×135  8,000円  重さ:超重い

 

kaba5-1

keyaki5-2

kaba5-3

⑤ケヤキ 930×270×50 2,000円  重さ:軽い

 

keyaki6-1

keyaki6-2

kaba6-3

⑥ケヤキ 975×295×70  3,000円  重さ:やや重い

古布を使った一閑張りのバッグ

2017.1.15

ひとつずつ、集めてゆく楽しさ。

2017.1.14

まめ皿
食事の時だけでなく、ティータイムに、洗面所でアクセサリーの一時置き場、お香皿など、いろいろ使い道があり人気です。
まめ皿にかぎらず、気に入った物に出会えた時
一つずつ、手に入れて、集めてゆく楽しさってありますよね。
ちょっと、わくわくする。お家に帰って袋からだして、また眺めて。

IMG_0684

拭き漆  まめ皿2,160円(税込)  おふとん皿2,592円(税込)
波佐見焼 藍駒702円(税込)  いろは1,296円(税込)
益子焼 2,300円(税込) 

製作 拭き漆 ふじわら木漆工房 藤原啓祐  
   波佐見焼 有限会社マルヒロ
   益子焼 濱田窯

木っていいよね。木風堂スタッフがいつも思っている事です。

2017.1.7

お客さまに嬉しくなるお言葉、頂く事が多いのですが
今年もお正月早々、嬉しいお便りが届きました。

 

素敵なテーブルが 我が家に来てから…

家の中に 木の香りがします。
とても幸せな空間になりました。

食事の時間も なんだかとても良いものをいただいているような気持ちになります。
そして 食事の後 なかなか机から離れず みんなで おはなしする時間がふえたことも嬉しいことです。

永い時間をかけて しみや 傷 をつけながら素敵な 家族の絵?!を描いていきたいとおもいます。

 

ありがとうございます。このお便りでまた1年頑張れる!!

2017年、皆々様が良い年でありますように

2017.1.1

2017nenga

↑