愛媛から砥部焼 新入荷!!

2015.10.1

20151009_01

砥部焼 西岡工房さんの作品です
独特なデザインが目を引く器です。

IMG_0072

馬上杯(風車・梅林・花火) 1,890円

IMG_0073

 印文カップ(呉須ペン金采・すみれ) 2,700円

IMG_0074

左:湯呑(半月焼しめ)   1,720円
右:印文カップ(焼しめ) 1,720円

木風堂の最寄り駅は埼玉高速鉄道、新井宿駅

2015.9.25

20150930_001

20150930_002

20150930_003

木風堂ってなんですかと聞かれます。

グリーンセンターの脇にある、へんてこな木の店です。

ああ~あの店ね、なんの店だか分かんないね
その様な会話だそうです。

くらしの工芸、木の手仕事品で実用なものを主に展示、販売しています。

無垢の一枚板テーブルなどオーダーメード製作、
自然系の 素材販売加工もその場で行っています。

他に松本民芸家具の正規取扱店です。

店としては、余り例のない業態なんで分かりずらいし、
敷居が高いと言われますが、木の香りのする極気楽な店内です。

是非一度覗いて見てください。

宜しくお願いし申し上げます。

水楢のテーブルがお嫁に行きました。

2015.9.23

20150916_001

20150916_002

水楢の天板、気に入って頂き
東京へ嫁ぎました。

良い働きをして可愛がって貰えると思います!

数年後には艶も貫禄も出てお母ちゃんになっているかも(笑)

”すいーつばたけ”  秋の商品入荷!

2015.9.20

20150910_001

今年の中秋の名月は27日 見られるかな~

月うさぎ(左)    1,600円
お月見うさぎ(右) 2,000円

 

20150910_002

0月はハロウィン!

左から
ハロウィン昇り人形 1,300円
ハッピーハロウィン 1,600円
ハッピーパンプキン  500円
ハロウィンナイト   2,100円

 

20150910_003

紅葉と実りの秋

リスマグネット(右) 400円
リスとどんぐり(左) 500円

なんと、木風堂の外観がまたまた変わりました!

2015.9.10

gaikan201509

なんと、木風堂の外観がまたまた変わりました!

今までにも、幾度となく変わって来たのですが・・・

1週間で、看板取り外しなんて事もあるので
毎日のように、木風堂の前を通る方でないと
気がつかない事もあると思います。(^_^;)

でも、この本物の木の看板なら、とても良い感じなので
変わらないかな・・・たぶん(笑)

 

アオダモという木です。

小枝を水に漬けておくと水が青緑になるとか
木が雨でぬれると表皮が青緑になるという事から
この名前になったようです。

堅いけど粘りがあるので曲げやすい木だそうです。

野球のバットの木というと
皆さん、あっ~!と思いますよね。

 

四季を楽しめる木にしてみました。

春は新緑がきれいで、白いほわほわっとした花が咲き
株立ちの木なので夏は涼しげで
秋には紅葉し、雄雌あると実も着くそうなんですが・・・

冬は落葉して枝のシルエットが良い感じ
というわけで
四季を楽しみに是非、遊びに来てください。

お待ちしております。

堂主のプライバシーが!明かされる!

2015.9.1

木賊・砥草(とくさ) 欲しい方!!差し上げます!

2015.8.5

木賊・砥草(とくさ)
欲しい方!!差し上げます!

現代では観賞用ですが(姫トクサは苔玉など)
昔はヤスリとして使用されていました。

トクサを煮て少し水につけておき
中の肉厚の部分をこそげとります。

そうすると、薄い皮?の部分だけが残ります。

それを木材に貼り付けてヤスリが出来ます。

平らな面を出すには板などに貼り付け
ガムテープなどに貼れば紙ヤスリになり
そのままでも、手になじみいろんな形も磨く事が出来ます。

爪磨きにもなります。

昔は、ニカワで貼っていた様ですが今はボンドでOK!

 

今でも塗師の方や柘植の櫛職人の方や指物師の方など
仕上げに使われる方もいるそうです。

トクサ以外にはムクの葉もヤスリになります。

やはり、自然の力はすごいようで
紙ヤスリでは出ない良い感じの艶が出るとか・・・
先人の知恵は素晴らしいですね!!

tokusa

らんちカフェ木ぐらし 新メニュー!

2015.8.2

縁起物の”亀さん達” がやって来ました!!

2015.8.1

縁起物の”亀さん達” がやって来ました!!

といっても・・・
生きている亀ではありません。

愛媛の西予市宇和町からやって来た
藁細工の可愛らしい ”かめ達”です!

藁細工名人の上甲清さん、農家の仕事をしながら
注連飾り、亀や鶴の飾り等を製作されているそうです。

今は藁自体もなかなか手に入らない時代になりました。

こういう手仕事は伝統として、受け継いでいかれることを願います。

warakame

サイズを見る為に送って頂いた写真なのですが
なんか行進しているみたいで、おもしろいので
使わせて頂きました(^o^)

どの子も一匹 1,500円

愛媛村から素敵な手仕事の数々が届きました。

2015.7.1

愛媛村から素敵な手仕事の数々が届きました。
自然豊かな地で伝統を受け継ぎ
今の時代にあった物を
手間暇かけて、つくられているものばかりです。

棕櫚の箒

20150701_001

20150701_002

穂先が細い為、細かなゴミも逃しません。

棕櫚には油分が含んでいるので
掃除するほどに床に艶が出るという・・・
なんと嬉しい!!

左から
約92㎝×22㎝ 7,500円
約75㎝×15㎝ 5,350円
約75㎝×22㎝ 5,350円
約24㎝×10㎝ 2850円
約㎝×㎝ 3,800円

 

藁ではなくて...

和紙草履

20150701_003

なんといっても軽いです。

汗も良く吸いさらりとした履きごこちです。

なんと!和紙なのに洗えます。

ワラと違って、わらクズが落ちません。

耐久性がある和紙草履ですが
履きつぶしたら土に戻せば肥料になります。

人にも優しい、自然にも優しい和紙の草履です。

 

24㎝、25㎝、26㎝ 各2,000円

 

和紙のボディウォッシュタオル

20150701_004

泡切れ泡立ちも良く、肌の油分を良く落とし
柔らかくて滑らかなので、洗顔やカサカサ肌に最適です。

乾きも早いので衛生面でも嬉しいですね。

綿タオルより耐久性があるそうです。

 

約30㎝×90㎝ 1,250円
紙50%テンセル(セルロース)50%

 

砥部焼

20150701_005

どこか懐かしい雰囲気を感じさせる
『染付古砥部文』シリーズの茶碗と深皿です。

江戸時代に描かれていた砥部焼の文様を参考に
自然のモチーフが柔らかなタッチで描かれています。

砥部焼伝統の高台を広くとった
くらわんか茶碗は、持ち安くて使いやすく
使い込むほどに表情が変わっていきますので
楽しんで頂けたらと思います。

 

茶碗11.5㎝×5.7㎝ 1,900円
深皿15㎝×4㎝   2,480円

 

愛媛村の人々の手でつくり出した素敵な逸品をお楽しみ下さい。

営業時間|10:00~18:00頃
定休日|月曜・火曜

※営業時間は季節によって変わります。
※祭日営業の場合はHPにてお知らせ致します。

〒333-0834
埼玉県川口市安行領根岸2244
TEL/FAX 048-299-9539

↑