いいテーブル。

2016.5.12

テーブルってのは物を置く台。
コップ、お皿、みんなが囲んで楽しむ台。
こぼしたり、シミがついたりは当たり前。
一家の思い出の記録簿、味わいは人の使った履歴。
いいテーブルとは、そんなもの。

常山

image

アオダモの木

2016.4.21

ようやく、もう一本のアオダモ(右)の葉が出てきました。
今年は、このアオダモには花が咲きませんでした。
来年は咲くといいな。雄雌どっちかな~?
アオダモには雄株、雌株、雌雄同株とあるそうなので...
花も違うそうなのです。たぶん、左のは雄ではないかと思っています。
来年はもっと観察してみようっと。

IMG_0440

樹齢500年超

2016.4.8

樹齢500年超の栗の素材。
500年もの年月をかけて、自然が作り出したオブジェです。
どんなものにも、適うはずがありません。
ただ、木の枝のフックに引っかけてあるだけなのですが...

afterfocus_1460099276849

IMG_0421

栗材 3,500円

ケヤキ総手彫り座卓

2016.4.8

オープン当初、柴工房の柴田重利さんが一鑿一鑿、気合いを入れて彫りあげたケヤキの天板がありました。12㎝位の厚みのあるとーっても迫力のある天板でした。
店内もあちらこちらと移動をして、その度に皆で重い重いと言いながらも気持ちが良いと撫でて、可愛がってきたのですが、この度ご縁あって木が大好きな若いご夫婦の所へ...また可愛がってもらえる事でしょう。

DSC02798

アオダモの木

2016.4.8

以前、ご紹介しましたが、去年植樹した生きている木の看板アオダモの木です。
夏の暑い時に移植したので根付くかな~?と心配していましたが
芽が出て蕾が出てきました。良かったと思いながら、だいぶ経つのですが...
不思議な事に同じく植えた2本の木、片方は芽が出ているのに
もう一本はまだ何も動きが無いのです。枯れてしまったのか?
と、皆で何でだろう???
周りの木もよく見ると、同じ木でもやはり出ているのと出ていない木があるのです。
きっと...人間と同じく若い木は元気で早く動き出し、古い木はゆっくり動くのかな~?
という事になりました(笑) 知っている方教えて下さい!

IMG_0389

IMG_0411

ブラックウォールナット入荷!

2015.12.1

20151204_001

20151204_002

削るとこんな感じになります。
20151204_003

水楢のテーブルがお嫁に行きました。

2015.9.23

20150916_001

20150916_002

水楢の天板、気に入って頂き
東京へ嫁ぎました。

良い働きをして可愛がって貰えると思います!

数年後には艶も貫禄も出てお母ちゃんになっているかも(笑)

なんと、木風堂の外観がまたまた変わりました!

2015.9.10

gaikan201509

なんと、木風堂の外観がまたまた変わりました!

今までにも、幾度となく変わって来たのですが・・・

1週間で、看板取り外しなんて事もあるので
毎日のように、木風堂の前を通る方でないと
気がつかない事もあると思います。(^_^;)

でも、この本物の木の看板なら、とても良い感じなので
変わらないかな・・・たぶん(笑)

 

アオダモという木です。

小枝を水に漬けておくと水が青緑になるとか
木が雨でぬれると表皮が青緑になるという事から
この名前になったようです。

堅いけど粘りがあるので曲げやすい木だそうです。

野球のバットの木というと
皆さん、あっ~!と思いますよね。

 

四季を楽しめる木にしてみました。

春は新緑がきれいで、白いほわほわっとした花が咲き
株立ちの木なので夏は涼しげで
秋には紅葉し、雄雌あると実も着くそうなんですが・・・

冬は落葉して枝のシルエットが良い感じ
というわけで
四季を楽しみに是非、遊びに来てください。

お待ちしております。

木賊・砥草(とくさ) 欲しい方!!差し上げます!

2015.8.5

木賊・砥草(とくさ)
欲しい方!!差し上げます!

現代では観賞用ですが(姫トクサは苔玉など)
昔はヤスリとして使用されていました。

トクサを煮て少し水につけておき
中の肉厚の部分をこそげとります。

そうすると、薄い皮?の部分だけが残ります。

それを木材に貼り付けてヤスリが出来ます。

平らな面を出すには板などに貼り付け
ガムテープなどに貼れば紙ヤスリになり
そのままでも、手になじみいろんな形も磨く事が出来ます。

爪磨きにもなります。

昔は、ニカワで貼っていた様ですが今はボンドでOK!

 

今でも塗師の方や柘植の櫛職人の方や指物師の方など
仕上げに使われる方もいるそうです。

トクサ以外にはムクの葉もヤスリになります。

やはり、自然の力はすごいようで
紙ヤスリでは出ない良い感じの艶が出るとか・・・
先人の知恵は素晴らしいですね!!

tokusa

樹齢500年を身近に...

2015.5.10

樹齢500年を身近に...

生命を感じ癒される

osirase001

30㎝位~1m位まで 6枚ほどあります。

1,500円~5,000円

営業時間|10:00~18:00頃
定休日|月曜・火曜・水曜

※営業時間は季節によって変わります。
※祭日営業の場合はHPにてお知らせ致します。

〒333-0834
埼玉県川口市安行領根岸2244
TEL/FAX 048-299-9539

お知らせ


くらしになじむひとしな

↑