木風堂kippudoの『のらぼう菜』づくり

2022.9.12

のらぼう菜 は以前より聞いて知ってはいたけれど、実際に育てた事はありませんでした。

クセもなく、茎が太くても柔らかく、生でも茹でても揚げてもOK!ということ、
しかも‼ 関東郡代伊奈様がこの地域に広めた野菜なら、是非育てて食べてみなきゃ!
という事で 昨年より、のらぼう菜づくりが始まりました。
食べてみると、これが本当に美味しいのですよ~!
てなわけで、今年も育てて食べますよ~ヽ(^o^)丿

 

↓↓↓ 『のらぼう菜』の歴史はこちら ↓↓↓

「のらぼう菜」の原種は、闍婆(じゃば、現在のジャワ島)を経由してオランダの交易船が持ち込んだセイヨウアブラナ(洋種ナバナ)の一種「闍婆菜」(じゃばな)という説があります。

江戸時代後期の1767年(明和4年)9月、関東郡代伊奈忠宥【いなただおき、伊奈忠次から数えて10代目、宝暦から明和まで15年間備前守を名乗る。伊奈氏は江戸初期より200年間12代にわたり関東の取り締まり、勘定など強大な権限を有した天領の統括者、川口市赤山の陣屋が居城。】が地元の名主達に命じて、「のらぼう菜」の種子を江戸近郊の村々に配布した記録が残っています。「のらぼう菜」の普及によって天明の大飢饉(1782年 – 1788年)及び天保の大飢饉(1833年 – 1839年)の際、人々を飢餓から救ったと伝わっています。

のらぼうの語源ははっきりしていませんが、のらぼう菜の特色として寒さに強く、脇芽を何度摘んでも「なにくそ!」と言わんばかりにまた脇芽をだします、冷害にも強く、たくましく育つ、そして美味しい、そのような所から付けられたのかもしれません。

農文教から2020年高橋幸次著「のらぼう菜」の本が出ています是非ご覧ください。

 
のらぼう菜成長記

9月10日 種蒔き後4日目 ばら撒き後土被せもしない方がいっぱい出てる。
筋まきし覆土したのはちょっとしか出ない。


野口種苗研究所さんの種です。


9月5日 
こちらは昨年のこぼれ種から発芽した。勢いが良い。
間引かなければ、だめかな?

木風堂kippudo の柿渋づくり

2022.9.2

木風堂がある川口市の神根地域では昔から赤山渋という名で柿渋づくりが盛んでした。花と緑が豊か、見沼用水、環境を考えると納得ですよね。

柿渋は昔から生活で使う道具類の紙物、布物、木の物などに塗布し、防水、防腐、防虫に強くして使用し、使い込んだらまた塗る。そんな風に使われて来たようです。

そんな柿渋を使わない手は無い☝️
ということで
木風堂の塗装は、無塗装又はオイル仕上げが多いのですが、使用する場所や色をつけて欲しい等のご希望で、柿渋やベンガラを使用しています。

今年も柿渋を作る季節がやって来ました〜!

その様子の写真をインスタグラムにあげていますので、ご覧ください。
↓↓↓↓↓こちらより↓↓↓↓↓
https://www.instagram.com/p/Chq9KR9vV4U/?utm_source=ig_web_copy_link

⁡⁡

#柿渋 #かきしぶ #柿渋づくり ⁡#木っていいよね #木のくらし #普通のくらし #自然のくらし #自然を身近に #木工 #木材 #自然素材 #素材 #木のある暮らし #くらしになじむひとしな#手しごと #手仕事に見るくらしの美 #木風堂 #kippudo

ウキウキ・ワクワク

2021.4.1

色々な草木たちが花を咲かせ始めました~♪

DSC_1473
アオダモの花

DSC_1479
フッキソウの花(つぼみ)

DSC_1475
ブルーベリーの花

DSC_1478
西洋カマツカの花(つぼみ)

DSC_1477
黒文字の花

お茶席の窓より

2021.3.27

お茶席の窓より眺められます。
この空間、時間に癒されております  (*´艸`*)

DSC_1465

20210326_131638_3

20210326_131638_2

オーダーメイド

2021.3.5

オーダーメイドの机を製作中です。
良い机になって、お客様に喜んで頂けますように‼

20210304_100949686

20210304_100959065

自然素材 × 自然素材

2021.1.29

自然素材を扱っていると、自然素材同士ってお互いを引き立てあうな~!といつも思います。
木材・植物・土(陶器)・石(鉱石・珪化木)・布 などなど・・・

20210128_152342089
木材(手のひらプレート・オニグルミ)×鉱物(カーネリアン)×木材(木のたまご・ケヤキ)

20210122_152949980
木材(栗)×土(陶器)

20210122_152603223
拭き漆食の道具×鉱物(カーネリアン)

20210128_151916339
木材(手のひらプレート・ケヤキ)×土(陶器)×植物

20200123_170004087
布(シルク)×木材(ブラックウォールナット)×土(陶器)×植物

20210129_121630122
木材(栗)×土(陶器)×石×植物

20210128_152126162
木材(エンジュ)×土(陶器)×植物×鉱石

20210129_123113589
布(刺し子)×土(陶器)×植物×鉱石(カーネリアン)×木材(木のたまご・ケヤキ)

20210129_153641444
木材(ケヤキ)×石(珪化木)

20210129_1611911026741
木材(栗)×土(陶器)

ブーツを履く時の椅子

2020.12.4

玄関でブーツを履く時にちょっと腰かけて履きたいのだけど…
椅子というより自然なままに近い木を置きたい。
座面を削ってもらえたらとのご要望でした。
お客様と堂内をこんな感じですか?大きさはこのくらいですか?など探して
いい材がありました。
床の間の柱に使われたイチイという樹種の切り落としの部分です。
座りやすいように座面を少し削り、持ちやすいように持ち手の部分も少しだけ彫って、なるべく自然に近いままの状態で仕上げました。
H様より、とても良い感じなのとお写真を頂きましたので掲載させて頂きました。
木風堂スタッフ一同、お客様にくらしの中で木を感じて頂き、喜んで頂ける事が何より嬉しいです。
ありがとうございました。

IMG_20201115_101639

お嫁に出す準備

2020.9.18

栃の木のテーブルと朴の木のテーブルが嫁ぐ日が近づいてきました。
もう一度化粧直しをしてあげて、どの子も可愛がってもらえるようにと気持ちを込めながら・・・
自然オイル仕上げです。写真だとわかりずらいのですが、どちらの杢もキラキラと光っていて美しい!

トチの木
afterfocus_1600399957595

afterfocus_1600400138588

20200917_154343413

縁起の良いチュウちゃんがいます。
20200917_154315851

ホウの木
afterfocus_1600406180887

afterfocus_1600406318133

20200918_140816218

20200918_140742480

 

2年目にして・・・

2020.7.16

20200716_04

ホテイアオイが咲きました。
大きな鉄釜でメダカを飼っています。
メダカちゃんの為に昨年ホテイアオイを浮かせたのですが咲かず、2年目にして咲きました。
今年は赤ちゃんも2匹発見!!

20200716_01

20200716_02

 

つぼみも膨らんで

2019.3.31

以前ご紹介した坪庭の草木たちの花が咲き始めました。

IMG_1462
フッキソウ

20190327_112320971
西洋カマツカ

20190327_114332330
クロモジ

20190327_113551189
アオダモ

営業時間|10:00~18:00頃
定休日|月曜・火曜・水曜

※営業時間は季節によって変わります。
※祭日営業の場合はHPにてお知らせ致します。

〒333-0834
埼玉県川口市安行領根岸2244
TEL/FAX 048-299-9539

お知らせ


木風堂の厳選品たち


木を知る・使う

↑